女性

ストレス症状を緩和させる方法|ストレスを解消して心身の健康を守る

現代社会ではつきまとう

男性

重症の場合病気にもなる

人間関係や仕事のプレッシャーなどの精神的なものから、睡眠不足、通勤時の混雑、不規則な生活や運動不足に至る身体的なものまでストレスは多岐にわたります。毎日を人間社会で営んでいる以上ストレスに脅かされることのない日はないといっても過言ではありません。軽度のものから重度のものまでストレスはたくさんあります。ストレスからくる症状は時には重大な病気を引き起こす場合もあります。主に身体的な症状や身体的な症状、そして行動的な症状の3つの症状があります。身体的なものは肩こりや頭痛などからめまいや吐き気、潰瘍などつらい病気を引き起こす場合まで様々です。精神的なものはいらいらしたり怒りっぽくなったり、現実逃避したくなるなどです。行動面では引きこもりや出社や登校拒否や物への依存症などから喜怒哀楽がコントロールできなくなったり、衝動買いなどもあります。様々な症状を引き起こすストレスですが、軽度なストレスは逆にモチベーションを向上させたりする効果もあります。しかし自分の抱えきれる範囲を超過したストレスはマイナス要素が大きくなります。

一生付き合うことが必要

年齢によってもストレスは大きく異なります。子供だからと言ってストレスがないわけではありません。スキンシップを図るのは母親が中心ですが、幼少期にもストレスはあります。下痢や発熱など体調に変化を及ぼすこともあります。社会と接するようになる小学生以降もストレスは発生します。学校関係や同級生との付き合いや教育方針など子供のストレスが社会問題になることも多々あります。成人のストレスの多くは仕事と家庭です。仕事環境は年々厳しくなる時代です。それに加えて家庭の不安や自分の親の問題など考えなくてはならないことは様々です。このように人間が一生にわたりストレスを抱えています。切っても切り離せない関係である以上、どのようにして上手に付き合うかがポイントとなってきます。一つは解消方法です。趣味やスポーツなど悩みや不安を忘れることのできるような没頭できることは解消方法に大きく効果をもたらします。また考え方や思考回路の切り替えなど回避する自己防衛策を身に着けることも大事なことです。考え方や思考の切り替えに関する方法を学びたいのであれば、精神科や心療内科などを利用すると良いです。ストレスに対する考えや思考切り替え術について、専門医が指導してくれます。思考を変えるのは難しいことですが、専門医がしっかりとサポートしてくれるので、心配はいりません。

Copyright© 2016 ストレス症状を緩和させる方法|ストレスを解消して心身の健康を守るAll Rights Reserved.