女性

ストレス症状を緩和させる方法|ストレスを解消して心身の健康を守る

体にとても悪い

看護師

原因を取り除く

ストレスは、溜めてしまうと体にいろいろな悪い症状が出てしまいます。例えば、頭痛や腹痛、血流が悪くなってしまい肩こりなどが起こることもあります。ストレスをずっとそのままにしておくと、だんだん悪化してしまい鬱病につながる恐れもあるため、まずはため込まないようにすることが一番です。鬱病にはならないと思っている方ほど、急に鬱病になってしまうようなことも多いです。なので、自分は絶対にならないという思い込みは捨てておくことです。病院などへ行って、診察をしてもらってもストレスの原因を取り除くことができない限り、悪い症状を繰り返してしまうことになります。なので、まずは自分がどんなときにストレスを感じているのか、ということを一度記録しておくといいと思います。そして、そのひとつひとつをリストアップして、ストレスを感じてしまう要因のものを排除していくべきです。もちろん、ストレスがどうしても溜まってしまう方で仕事などをすぐに辞めれる環境なのであれば思い切って辞めるということも大切です。

原因を解消

定期的に頭痛がしてしまうような方は、ほとんどがストレスが原因だったりします。いくら普段から食生活などを気にしていたとしても、ストレスを感じることで頭痛などに繋がってしまうので、一番体に悪いのがストレスだということをきちんと知っておくことです。ストレスの原因をしっかり探って、きちんとそれに対処するようになってからは自然と頭痛の頻度も減った、体調がずっと悪かったのに最近はましになってきた、などと何かしらの変化を感じることができるはずです。今まで薬を飲んでも治らなかった症状が、環境を変えることですぐに良くなったということも多々あります。ちょっとのことです。ちょっとの変化を与えてあげることで症状は治まっていくものなので、まずは環境を一度見直してみるのが一番です。自分ではどうすることもできない、とにかく悩んでしまう、というような方はまず心療内科を受診したり、カウンセリングを受けてみるだけでも、気持ちの整理をつけることができたり、何かしら変化を感じることができるはずです。

Copyright© 2016 ストレス症状を緩和させる方法|ストレスを解消して心身の健康を守るAll Rights Reserved.