女性

ストレス症状を緩和させる方法|ストレスを解消して心身の健康を守る

細分化傾向にある精神疾患

女の人

疾患次第で異なる治療法

精神疾患は多くの場合何らかのストレスが原因で発症します。また症状面でも気分が落ち込んだりイライラしたり、決断力や判断力、集中力の低下などといった精神症状に加えて、不眠や疲労、倦怠感や食欲の低下または増加といった身体症状が発症するケースがあるなど、共通点が多くあります。こうした事情から精神疾患はうつ病やうつ症状などといった疾患名で一括りにされるケースがこれまでは少なくありませんでした。しかし、精神疾患に関する研究が進んだことで、症状の似通った精神疾患であっても疾患によって適した治療法が異なるなどの知見が浸透するようになりました。例えば適応障害であれば抗うつ剤は対症療法が必要な場合には投与しますが、根本治癒を目指す治療に置いては抗うつ剤を使用することはしません。一方でうつ病と診断された場合は根本治癒を目指すための治療法の一つとして抗うつ剤の服用が行われているのです。従って精神疾患を患った際はまず自分の疾患が何であるのかを、症状の内容や発症時期、発症時やその直前期の生活環境などについてできる限り具体的で詳しく精神科や心療内科の医師に伝え、正確な疾患名の診断をしてもらうことが大切なのです。

完治が難しい精神疾患

精神疾患で注意をしなければならないのが再発率の高さです。治療によって一旦症状が治まったとしても、その後の生活次第で治まっていた精神疾患が再発するというケースも少なくは無いからです。従って精神疾患を患った場合、症状が治まったとしてもそれで根本治癒ができたとは思わずに、抗うつ剤の服用をしているのであれば症状が治まってからでも、服用頻度を減らしたとしても一定期間抗うつ剤の服用を続けることが大切です。その期間としては少なくとも最初の症状の発症から1年以上の期間を目安とする必要があります。というのも、精神疾患は季節の変わり目など時期に応じて発症しやすいタイミングとそうではないタイミングがあり、そこには個人差があります。そして、最初に精神疾患を発症した時期はその患者にとっての精神疾患が再発しやすい時期でもあるのです。だからこそ、最初に症状を発症した時期から丸1年経った同じ時期は要注意なのです。同様に職場の仕事量の多さなど物理的に取り除くことができるストレスが原因で精神疾患になった場合は、症状が治まったとしても再び同じようなストレスをすぐに被ると再発率は高くなってしまいます。ですので、少しずつ負荷を強くして、ストレス耐性を少しずつ高くしていくことが肝要ですし、ストレスが過剰になって精神疾患の再発が懸念された場合、すぐに医師と相談し、関係者に実情を伝えることが大切なのです。

Copyright© 2016 ストレス症状を緩和させる方法|ストレスを解消して心身の健康を守るAll Rights Reserved.